匝瑳市のショッピング

匝瑳市の商業は昔八日市場(匝瑳市の旧市名)という地名の由来にもなっているように、商人が集まって商品を売買するにぎやかな市場がたち生産物をもち寄って交換・売買する活況な市があった時代もかつてあったそうです。

ですがが現在の匝瑳市のショッピングは主にJR総武本線と並走している国道126号線に立ち並ぶロードサイドショップがメインとなります。

匝瑳市の幹線道路である国道126号線はファミリーレストラン、コンビ二エンスストアなどが所狭しと立ち並んでいます。

匝瑳市では主に交通手段として、自動車(自家用車)を使う方が非常に多いため
(一家に一台ではなく、ひとり一台と言っていいほど車社会です)

幹線道路である国道126号線沿いに大規模な駐車場があるロードサイドショップが主だったショッピングエリアになったのは、大規模な駐車場が設営されたのが大きな理由の1つと考えられます。

最近ではガソリンスタンドもセルフタイプのスタンドがとても増えてきています。これも車社会の1つの現れといえると思います。

大型ショッピングモール・センター

幹線道路沿いに立ち並ぶロードサイドショップだけではなく

JR総武本線の飯倉駅前にあるオーシャンマートやJR総武本線の八日市場駅近くにあるスーパーセンターカインズホームなどの郊外型のショッピングセンターなどが、新たなマーケット(市場)を形成してます。
千葉県匝瑳市スーパーセンターカインズホーム

匝瑳市に限らず全国的にみても 既存商店街の活力が低下しつつありますが

かつて市場町であった市街地の商店もとてもおもむきがあり
市の立つ所に発達した市街に古き良さも当然あります。


時には市場を中心に発達した旧道沿いにある商店にかつての市場の思いを寄せ訪れるのも1つの
ショッピングの楽しさだと思います。

千葉県匝瑳市エリアガイドカテゴリー